×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セイバンの「天使のはね」

セイバンの「天使のはね」は、子供さんの肩にかかる負担を軽減するために開発されました。
従来のランドセルは、背中に隙間ができることで、後ろに引っ張られてしまうのです。
そのため、肩ベルトがずれてしまい、子供さんにとって背負いにくくなるのです。
それを、「天使のはね」を採用することで、肩ベルトが自然に起き上がります。
そして、ランドセルが背中にフィットし、楽に背負うことができるのです。
これにより、子供さんの肩への負担を、大幅に減らすことができます。
また、「天使のはね」により、肩と背中にかかる圧力を各部位に分散するので、ランドセルを軽く感じることができます。
そして、小学校の6年間という成長期に、変わらず子供さんの身体に合うランドセルなのです。
「天使のはね」ランドセルには、子供さんに人気のキャラクターランドセルもあります。
サンリオでは、女の子に大人気のサンリオキャラクターのランドセルを販売しています。
「こころうきうきランドセル」は、背中部分がピンクで、かわいいシナモンロールやマイメロディ、ハローキティーなどの刺繍が入っています。
きっと子供さんはウキウキするでしょうね。
色は、カーマインレッド、ビビットピンク、ライトピンクの3色です。
重さは940gで、本体価格は、38,000円です。
サンリオで一番人気なのが、品質と機能が優れた「きぼうふくらむランドセル」です。
色は「こころうきうきランドセル」の3色に加え、赤、黒、ローズワインがあります。
重さは940gで、本体価格は34,800円です。

高島屋のオリジナルランドセル

高島屋では、オリジナルのランドセルを販売しています。
人工皮革ランドセルは、丈夫さで軽いことが特徴です。
色はキャメル、ターコイズ、ローズピンクの3色です。
いろいろな所にハートのモチーフが施され、とてもかわいらしいランドセルです。
重さは約1100gで税込み価格は43,050円です。
牛革ランドセルは、10年間のロングセラー商品です。
このランドセルは、環境にやさしいエコロジー皮革を使用しています。
また、背中にぴったりとフィットするのに、通気性にも優れています。
背中のズレを防いで、ソフトな感触を実現しています。
さらに、ほつれやすい肩ベルトの付け根などは、職人の手で丁寧に縫い上げ仕上げています。
この牛革ランドセルは、重さが約1180gで、税込み価格は45,150円となっています。
牛革ランドセルでも、「ボルサ」という牛革を使用したランドセルは、キズがつきにくく、より強くて丈夫です。
「ボルサ」とは、高級車のシートに使用するために開発された牛革です。
この「ボルサ」を使用した牛革ランドセルは、重さが約1190gで税込み価格は48,300円です。
また、高島屋では、オリジナルランドセル以外にも、ブランドランドセルも販売しています。
クールでかっこいい「プーマ」や、女の子に大人気の「エンジェルブルー キッズ」や「シャーリーテンプル」なども販売しています。
もちろんこれらのランドセルは、オンラインショッピングで購入することもできます。

タイガーランドセルのルーブレック・ST・トラディッショナル

タイガーランドセルは、ナイロン製のランドセルから、最高級のコードバン製ランドセルまで、さまざまな種類を取り揃えています。
その中で「ルーブレック・ST・トラディッショナル」は、最高級コードバンを使用した、とても落ち着いた雰囲気のランドセルです。
色はダークキャラメル一色ですが、この色は男の子でも女の子でも、違和感なく使えます。
深みがあり、大人でも使いたくなるような、しっとりと気品に満ちたキャメルカラーです。
革は最高級のコードバンを使用しているので、柔軟性がありひび割れの心配もありません。
使えば使うほど、独特の風味を増してくるので、長い間大事に使いたくなるでしょう。
また、傷みやすい要所は手縫いで仕上げているので丈夫です。
ダブルファスナーの前ポケットは、大きいラウンド型でとても便利です。
ナス管を両サイドに取り付けているので、ものを掛けるのにとても便利です。
このほか両サイドには、反射する鋲も付いていて、交通安全にも力を入れています。
さらにオプションで、子供さんの位置が確認できる、セコムの「ココセコム」の契約もできます。
「ココセコム」とは、子供さんの居場所を知りたいときに、パソコンや携帯電話から、または電話でセコムのオペレーターに問い合わせることによって、位置を確認できるシステムです。
大切な子供さんを守るために、大変便利なサービスです。
タイガーランドセルで、ルーブレックのランドセルを購入の際は、「ココセコム」の契約を考えてみてください。

Copyright © 2008 ランドセルの人気メーカー